お金とローンの関係について

お金とローンの関係を知らない人は、ローンを組むことでどれだけ損をするかを知る必要があると思います。

ローンを組むことで余計な利子を分割払いで払うことになりますから、やはり手元にお金のある人はキャッシュで買い物をするほうがお得だと思います。

ローンを組むことになれてしまうと、利子で損をしているという感覚も鈍ってしまいますから、どんどん無駄にお金を使ってしまうと思います。

もちろん急な買い物や住宅の購入などの大きな買い物には便利ですし、時と場合によっては組まないとけないこともあると思いますが、基本的にはローンを使用しないで生活をしているほうが気分もすっきりしますし、経済的にも負担がかからないと思います。

しかし手元にお金のない人にとっては、自分の財産以上の買い物をすることができるので使いようによっては便利だと思います。

他に現金を使う用事や用途がある場合は、とりあえずローンを組んで現金を家においておくという選択も必要になってきます。

生活が苦しい人は、場合によってはローンを組んでローンの助けられることもあると思いますから、上手に活用して欲しいと思います。

お金を借りて借金をするよりはいいのではないでしょうか。