選んだ理由について

ブログで漢方薬を選んだと書いていますよね。これは漢方薬をつかってみて実際コレのほうがいいと思ったからのせているわけです。

しかし、なにがいいのかという点についてはたぶんこれを読んでいる方にはごかいを与えることになると思っています。

つまり、漢方薬というイメージと違うものを使うこともあるのです。粉にしていただくばかりではありません。こういうイメージとは違うものでもあくまで漢方であり、すべてを含めて私は

変な薬をせっしゅするよりいいのではないかと思うのです。

具体的にはまた述べていきますが、ようは漢方薬は西洋医学とはちがうということです。だからこそこの薬がいいと私は思うのです。

中国の薬といういみではないので、ご注意を。

また、人によってはふくさようもありうるので、摂取するときは注意をしてください。

間違って摂取するといくら天然成分だからといっても、大変なことにもなりかねません。

こういうところは十分注意を払って対処すべきです。

にきびケアはあくまで顔だけと限定すると、副作用がでるということは外を歩けないぐらいになるときもあります。晴れたり、赤くなったりなどあることを意識しておきましょう。

たかがニキビケアの薬ではないかと思いますがそれでも薬には違いありません。漢方だからといって例外はないのです。

特に何種類もまぜるものはそのせいぶんについてしっかりと説明を聞いておきましょう。アレルギーなどがあることも伝えるようにしましょう。