月別アーカイブ: 6月 2017

こだわらず複合的に

ほんとに数少なくて困るのが、漢方皮膚科です。

少なからずここに通っていれば、

自分がはまっている漢方薬と接することができると思っていたのですが、

いかんせんこの漢方皮膚科というのがほとんどないので買うことができません.

遠方にあったとしても通わなければ意味がないのです.

なぜならば、単純に向こうから漢方薬を郵送してきてくれたとした場合、

それをもらうのであれば、近くの漢方薬局に行ったほうがよっぽど早いからです.
それと一番大事なことなのですが、漢方薬はやっぱり根本的に完治させるだけの力はないと思っています.

東洋医学の限界とはいいませんし、あとは西洋医学は大事だという意味でもありません。

ただ、漢方薬のみで治していくことは厳しいとするならば、西洋医学を一緒にまぜて行っていくのがいいのかもしれません。

いやむしろそうしなければいけないのだと思います.

固執するのではなく、選択肢を作ってやってみるのが1番効果的です.

私も、漢方薬にこだわらず、やっていかなければならないなと思っています.

もしかしたらいい転換期かもしれませんね.

これを機会に、西洋の医学についても勉強できますし、東洋医学も捨てたものではないということをアピールするためにも、

自分がしっかりと漢方薬を研究しなければならないなと思っています.

効果が出る出ないのではなく、

医学で優劣をつけるというのではなく、

根拠を示してどちらも良いということを常識だと思っています.

副作用について

漢方は他の薬と違って副作用が少ないとよく言われます.

しかし私から言わせると副作用が少ないのではなく、

多分漢方を使う率が他のものよりも低いからではないでしょうか.

一般的な薬が100だとすると、おそらく漢方の場合は1~2ぐらいではないかなと思いますよ.

副作用もクソもないです.

だからこそ結果が出ないのですから漢方薬は、大丈夫だと何だか根拠のない噂だけが広がっているのです.
実際に漢方にもきちんと副作用はあります.

アレルギー体質のひとによっては、肌が荒れたりブツブツができたりします.

そうなるとにきびをなおそうとしているのに、余計に増えてしまうという結果になってしまうかもしれません。

だからこそパッチテストならぬ漢方が合うかどうかのテストもチェックしておかなければなりません。

しかし相対的に漢方薬はあくまで自然にある材料を使っているので、

化学物質などを使っていない分、身体に対する負荷は少ないかもしれませんね.

漢方に合わないという人はそもそも薬草から合わないということもあるかもしれません。

とにもかくにも、漢方薬にも副作用があるということ、

そしてそれがニキビに悪い効果を表すのかはわかっていません.

とりあえず私は漢方薬で、これからもずっと頑張っていきたいと思っています。

もっと研究して漢方薬がもっと身近なものになるといいなとそのために努力を続けて行こうと思っています.

漢方薬が安く手に入ったらいいですものね。

すくないからこそ。

漢方の作り方にこだわりを持って、

ニキビもきくんではないかということで、

これを使うきっかけになったのですが、

私のこの奇妙なこの漢方との関係としては何かといいますと、

なかなか手に入らないということではないかなと思っています.
ニキビケア商品というのは薬局だけでなく、

最近ではコンビニなどでもってに入れることができます.

ちょっとしたスーパーに行けばすぐに買うことができますよね.

それならその方が絶対いいに決まっています.

なくなった時すぐに買いに行けるのですから。

しかし私はそれがどうも好きではないのです.

効果半減するような気がします.

むかしから良薬は口ににがしということばがありますように

なかなか手に入れたくない.

なかなか手に入らないものではないかと思うのです.

漢方というのはわざわざ作らなければ手に入りませんし、

手に入るためにもさがさなければいけません.

しかも料金もすごく高いですし、

決しておいしい味ではありません。

となるとはっきり言ってデメリットだらけなのです.

でもそれが薬として一番効果があるのではないかという考えは私だけではないと思います.

変な理由づけですが、

それぞれ私は漢方薬にこだわりがあるのです.

こうやって何でも考えてしまうから、にきびができてしまうのかもしれませんね.

ストレスになって余計にニキビができやすくなってしまうのかもしれません。

でも漢方薬とはずっとこれからも続けたいしそばにい続けて欲しいものたと思っています。

こだわる理由

漢方薬の作りかたをしっていますか.

昔火を起こす時みたいにゴシゴシとするようなものを

するような感じで、

前後になすりつけような感じでつくる。

薬剤を粉々にしてそれを粉にするのですが、

昔ながらのやり方としてはそれが漢方薬もつくり方なわけです.

spれを見ると本当に手間隙がかかってると思うのです.じっさいかかっていますしね。

人のそれぞれの症状に合わせて薬を調合し、

そのあとそれを使ってゴシゴシと調合していくのですから。

日本で言えば石臼に米をといて、

もしくはそばを入れて粉にしていくような感じなのですよね.
そうやって作り上げた薬だからこそ、

なんだかきくような感じがしませんか.

だから私は漢方薬を好んで選んだわけですね.

ひいきだからという訳じゃなく、

漢方薬そのものにはまってるところがありますが、

まあ好きなのかなと思ったりします.

現実に効果があるのかどうかではなく、

漢方薬の持つ人の気持ちが、病気を治してくれるんじゃないかなと思ったりするところがあります.

決して薬好きではありませんが、そういうのが大事かなと思ってします.

ニキビって本当に嫌なものじゃないですか.

だからこそ、苦手なものに対して自分の一番こだわっているもので対抗したいわけです.

そうすれば仮にきいていても、きいていなくても、自分自身すごく納得するじゃないですか。

そう意味で私は漢方薬を使い続けたいなと思っていますいし、そうします。

頑固な部分は治りそうにありませんね。