すくないからこそ。

漢方の作り方にこだわりを持って、

ニキビもきくんではないかということで、

これを使うきっかけになったのですが、

私のこの奇妙なこの漢方との関係としては何かといいますと、

なかなか手に入らないということではないかなと思っています.
ニキビケア商品というのは薬局だけでなく、

最近ではコンビニなどでもってに入れることができます.

ちょっとしたスーパーに行けばすぐに買うことができますよね.

それならその方が絶対いいに決まっています.

なくなった時すぐに買いに行けるのですから。

しかし私はそれがどうも好きではないのです.

効果半減するような気がします.

むかしから良薬は口ににがしということばがありますように

なかなか手に入れたくない.

なかなか手に入らないものではないかと思うのです.

漢方というのはわざわざ作らなければ手に入りませんし、

手に入るためにもさがさなければいけません.

しかも料金もすごく高いですし、

決しておいしい味ではありません。

となるとはっきり言ってデメリットだらけなのです.

でもそれが薬として一番効果があるのではないかという考えは私だけではないと思います.

変な理由づけですが、

それぞれ私は漢方薬にこだわりがあるのです.

こうやって何でも考えてしまうから、にきびができてしまうのかもしれませんね.

ストレスになって余計にニキビができやすくなってしまうのかもしれません。

でも漢方薬とはずっとこれからも続けたいしそばにい続けて欲しいものたと思っています。