副作用について

漢方は他の薬と違って副作用が少ないとよく言われます.

しかし私から言わせると副作用が少ないのではなく、

多分漢方を使う率が他のものよりも低いからではないでしょうか.

一般的な薬が100だとすると、おそらく漢方の場合は1~2ぐらいではないかなと思いますよ.

副作用もクソもないです.

だからこそ結果が出ないのですから漢方薬は、大丈夫だと何だか根拠のない噂だけが広がっているのです.
実際に漢方にもきちんと副作用はあります.

アレルギー体質のひとによっては、肌が荒れたりブツブツができたりします.

そうなるとにきびをなおそうとしているのに、余計に増えてしまうという結果になってしまうかもしれません。

だからこそパッチテストならぬ漢方が合うかどうかのテストもチェックしておかなければなりません。

しかし相対的に漢方薬はあくまで自然にある材料を使っているので、

化学物質などを使っていない分、身体に対する負荷は少ないかもしれませんね.

漢方に合わないという人はそもそも薬草から合わないということもあるかもしれません。

とにもかくにも、漢方薬にも副作用があるということ、

そしてそれがニキビに悪い効果を表すのかはわかっていません.

とりあえず私は漢方薬で、これからもずっと頑張っていきたいと思っています。

もっと研究して漢方薬がもっと身近なものになるといいなとそのために努力を続けて行こうと思っています.

漢方薬が安く手に入ったらいいですものね。