月別アーカイブ: 8月 2017

自然界の理にかなうものを

よくわからないですけれども、

私のイメージで1回書いてみたいと思います.
おそらく体の中には

毒素がたまっていると思います.
それが体に悪影響を及ぼすことによって

いろいろなところに

その障害が出てくるのではないでしょうか.
ニキビもその一つだと思うんです.

確かにばい菌が入ってそこが化膿してニキビになることはわかります.

しかしそうなるとすべての人が

そういう状態になるはずなのに、

ある人にはニキビができて、

ある人にはニキビができないというのは

やはり体の中の毒素ではないかなと思ったりします.

それを完全に排出することというのは

むつかしいかもしれません。

排出し体の中から綺麗にする.

そういう意味で考えると

漢方薬はりにかなっているのかななんて思ったりします.

もともと自然界に存在する素材をうまく体の中に取り入れるわけですから.

その自然界にある素材は

体の中にある毒素をうまく外に出すような作用があって

それを我々がその恩恵をこうむわけですから、そ

れをうまく取り入れるべきだと思うのです.

だから漢方を選ぶ

中国の長い歴史の中で

培われてきた漢方の技術。
そして日本でまた独自漢方の技術を発達させてきた

この漢方薬を利用しないわけにはいきません。
副作用が絶対にないというわけではありませんけれども、

普通の薬よりかは信頼できるというか

自然に生えている草花などからできたものですものね.
うまく取り入れてうまくつき合って行きたいなと思います.

と言いますのも、私自身は肌がそれほど強いわけではありません。
ちょっとしたことですぐににきびができてしまいます.
ということはニキビに効く薬というよりも

体質改善ということを考えると、

漢方薬が一番しっくりくるかななんて思ったりしますね。
体の外側を綺麗にするのではなく、

体の内側から綺麗にしていく.

体質改善をしていくことによって、

肌のハリも良くなるでしょうし、

そういった効果をねらっています.

漢方の場合は、粉薬ですので、

それを体にとりいれることは体の隅々までなんだかその効能が果たすような気がするんです.

ここが普通の薬とは違うんですよね

患部だけでなく、ぜんたいにきくから、もっといろいろと漢方のことを調べてみたいと思います.

漢方を見直す

ちょっと最近、

私漢方薬に目覚めてきたのかもしれません。

というのも漢方薬云々に

何かをもとめているというよりかは

西洋医学の薬に対してちょっと抵抗を感じているかもしれません。

治る治ると言っているのに、

むしろなひどくなってしまったということがおこるから。

漢方薬の場合は、ニキビ云々というよりも

全体を良くするという内容のほうが強いので

これならば、仮にニキビに対して

効果がなくても

からだ全体が改善されてくる気がするからです.

これもあくまで自分の主観なのですが、

少なくとも西洋医学の場合は、

そういった点については詳しくはんっていませんが、

漢方薬の場合は体の中からどのような形できいてくるかということを

こと詳しく説明していますので、

そういう効果があるんだということは明白でわかるからです.

こういった効果が出るということを説明するということは

それだけ実績があるということですし、

それだけの効果があるからこそ、

漢方薬という薬として出ているのだと思ったからです.

ニキビではもちろん効果ありですが、

仮に無くても体に与える影響は間接的にニキビに効くじゃないかなと思ったりしています。